茂原における葬儀と火葬 - 茂原市での家族葬形式の葬儀

茂原における葬儀と火葬

茂原市で執り行われる葬儀の多くは仏教の形式にのっとっているもので、通夜と告別式で別々に日程が組まれ、ここには亡くなった人の親族をはじめとして、友人知人や学校、職場、地域の人々などが弔問に訪れるのが普通です。

茂原で葬儀のマニアックな情報をお届けします。

そのためセレモニーホールなどの大規模な式場を貸し切ったり、自宅で葬儀を執り行うにしても部屋の間のふすまを取り払うなどして広いスペースを確保した上でのこととなります。

茂原市の場合には、葬儀がすべて終わってから火葬をするのか、それとも通夜と告別式の間で火葬を済ませるのかは、どちらもあり得ることだけに、日程や地域ごとの事情を踏まえた上で決定するのが無難です。



茂原市以外の千葉県内の他の地域では、告別式後に出棺し、火葬場に向かうというケースが多くなっていますが、いっぽうで地域の伝統的なスタイルから外れると奇異に見られることがあります。


ただし現在の茂原市内には火葬場が存在しておらず、広域行政で隣接する自治体のものを利用しているため、どうしても自宅またはセレモニーホールからの移動が必要となるため、その移動時間や火葬の時間を含めた日程のほうとの兼ね合いも考えることはたいせつです。

また火葬をしたあとに告別式というスタイルであれば、そのまま祭壇の中央に絹袋で覆った骨壷を安置して告別式を執り行いますが、告別式後の火葬であれば、その後は親族ともども墓地に出向いて納骨を済ませることがあります。



この場合は納骨のほうの日程まであらかじめ組んでおく必要があります。