• 様々な効果が期待できるアラとは

    生命の根源物質とも呼ばれるアラは、正確には5-アミノレブリン酸を指します。



    AminoLevulinicAcidの頭文字を取ってALA、もしくは5-ALAと表現されることも多く、36億年前の創成期より地球上に存在する天然アミノ酸の1つです。

    アラは生命の誕生にも深く関わっていることが知られており、ヒトだけでなく動物や植物などあらゆる生命体の細胞のミトコンドリアに存在しエネルギーを生み出す働きを持ちます。



    アラは、最近ではサプリメント等にも配合されており、大きな理由としては大手石油関連企業によって光合成細菌による大量生産法が確立されたことがあります。
    期待される効果は代謝を活発にすることがあり、具体的な作用には免疫力の向上や内臓脂肪・糖質の蓄積抑制、肌の保湿、育毛などを挙げることができます。

    代謝とは、簡単には脂肪や糖を燃焼してエネルギーを生み出す作用になり、燃焼が起きることで細胞内に代謝水と呼ばれる水が作り出されます。


    一方、代謝自体は10代をピークとして減少する傾向にあり、アラを摂取することでここでの不足分を補うことが可能になります。


    現在、医療医療分野への応用も進められており、ここでの効果も期待されています。
    アラの歴史は環境や植物面での歴史が長く、肥料として研究が行われてきた経緯があります。
    植物に少量与えることでクロロフィルが増加して光合成能力を高めることが確認されており、日照が少ない環境でも成長が良くなることや、根の育成を助けること、耐寒性や耐塩性が向上するという効果を発揮します。